主催 福田 将士

長年、ミスターバイクBGと日光チャレンジロードを創ってきた、モトショップ五郎 GSTAFF代表 吉澤 博幸が 2015年4月18日くも膜下出血によりこの世を去りました。

吉澤とは2003年よりたくさんのレースやイベントをともに活動してきました。もちろん日光チャレンジロードもそのひとつです。

日光チャレンジロードの開催についても一度は中止にすることも考えました。しかしながら私自身、日光チャレンジロードを楽しみにしている方々がたくさんいる、快く協力してくれる仲間達もいるんだと思い、開催・継続することを決意いたしました。

参加される皆さまと、これまで同様に楽しいレースづくりをしていきたいと思います。

それに伴い 開催事務局の変更がございます。

321-3426
栃木県芳賀郡市貝町赤羽3781-67-101
合同会社クロスオンワークス
イベント事業部 オフィスモトキッズ

日光チャレンジロード事務局

担当:福田将士(ポニー)
TEL:0285-68-5963
携帯:090-7413-9793

今まで以上の「日光チャレンジロード」を提供できるよう関係者一同全力で挑みます。よろしくお願いいたします。

 

レースレポート バリバリマシン編集長 高橋 慎一

これまで存在しなかった日光チャレンジロードのレースレポート

何と、引き受けてくれたのは2017年に雑誌、バリバリマシンを復活させた、
編集長の高橋さん。

日光チャレンジロード参加者の中にも、その昔この雑誌に掲載された方が多数存在します。
そんな高橋さんがレースレポートをまとめてくれます。

写真はご本人登場、アスファルトダンサーなイッコーさん(右下)。
日光チャレンジロードでキレた走りをする基本はこの雑誌で培われました(笑)

アスファルトダンサー時代の動画はこちら

日光チャレンジロード創設 吉澤”五郎”博幸

 数々のモーターサイクルシーンを牽引してきた五郎さん。スカチューンをはじめ、TWブームを作り、スーパーモタードをいち早く日本に広めました。
しかし、どんなに多忙な中でもこの、「日光チャレンジロード」の火を絶やすことはありませんでした。

 

Gスタッフ

Gスタッフといっても、モトショップ五郎やGAMES TOKYOなどの社員などではありません。
普段は自身の仕事をしつつもレース開催日に合わせてアルバイトとして集まります。

五郎さんの人柄に影響を受け、日光チャレンジロードの日はスタッフだ!という使命感で、
それぞれの持場に付きます。2014年からは徐々に若いスタッフも増えています。

日光チャレンジロードのスタッフやってみたい!って方も随時募集しています。大きな
サーキットのような堅苦しい縦割り仕事ではなく、それでいてレーススタッフの基本的な
ことを身につける事ができます。

お問い合わせから気軽にメッセージください。

チーム我夢超大(がむちょうだい)

日光チャレンジロード初期からスタッフ(車検員やコースマーシャル)として日光チャレンジ
ロードを支えています。そのかたわら長年レースにも参戦しています。

 

最新情報や変更事項などもこのwebサイトを通じてお伝えしてまいります。

 参加されます皆様は、ご面倒をおかけしますが【タイムスケジュール】

【公式通知】【参加者リスト】など、このサイトにてご確認いただきご来場

くださいますようお願い申し上げます。 

 

※参加受理証/パスなどの郵送は行っておりません。

 特別なご通達やご連絡に関しましては、メール・お電話にてお知らせいたします。

 事務局一同、至らない点もあるかとは思いますががんばっていきますので、

今年もよろしくお願いいたします。

 

                         《Gスタッフ》